【ホンダコレクション】ホンダF1初のタイトル獲得マシン…ウィリアムズホンダFW11[写真蔵]

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

ウィリアムズホンダ FW11
  • ウィリアムズホンダ FW11
  • ウィリアムズホンダ FW11
  • ウィリアムズホンダ FW11
  • ウィリアムズホンダ FW11
  • ウィリアムズホンダ FW11
  • ウィリアムズホンダ FW11
  • ウィリアムズホンダ FW11
  • ウィリアムズホンダ FW11
ホンダは17日、栃木県のツインリンクもてぎにおいて、コレクションホール所蔵マシンの走行確認テストを行った。

スピリットホンダとして15年ぶりにF1復帰を果たしたホンダは、1983年シーズンの最終戦にウィリアムズをパートナーに迎え入れ新たなチームを結成。翌1984年からはウィリアムズホンダとしてフル参戦した。

ホンダF1第2期は1984年の第9戦ダラスGPで初勝利。1985年にはナイジェル・マンセルをドライバーに迎え4勝。コンストラクターズランキング3位となった。

1986年、燃料使用量が220リットルから195リットルへと制限されたが、ホンダは燃費性能を高めた新エンジンを投入。『FW11』はナイジェル・マンセルとネルソン・ピケが操り、マンセルが5勝、ピケが4勝しコンストラクターズタイトルを獲得。1964年のF1参戦以来、F1初タイトルを獲得した。

1987年も2年連続となるコンストラクターズタイトルを獲得し、ピケがドライバーズタイトルを獲得したことでホンダはダブルタイトル獲得という偉業を成し遂げた。
《橋本 隆志》

編集部おすすめのニュース

特集