【ジャカルタモーターショー14】ダイハツ コペン、インドネシアで発売へ

自動車 ニューモデル モーターショー
ダイハツ コペン(ジャカルタモーターショー14)
  • ダイハツ コペン(ジャカルタモーターショー14)
  • ダイハツ コペン(ジャカルタモーターショー14)
  • ダイハツ コペン(ジャカルタモーターショー14)
  • ダイハツ コペン(ジャカルタモーターショー14)
  • ダイハツ コペン(ジャカルタモーターショー14)
  • ダイハツ コペン(ジャカルタモーターショー14)
  • ダイハツ CUV2(ジャカルタモーターショー14)
  • ダイハツ CUV2(ジャカルタモーターショー14)
ダイハツ工業は18日に開幕したジャカルタモーターショー(インドネシア国際モーターショー)で、計4台のコンセプトカーと、インドネシア初公開となる新型『コペン』を公開した。

新型コペンは、インドネシア市場での販売も開始するという。会場にはイエローとシルバー、2台のコペンを展示。イエローのコペンはカーボン調パーツが用いられたカスタム仕様だ。世界最小のハードトップオープンカーとあってジャカルタでも注目度は抜群。一般来場者の人だかりが絶えることはなかった。

コンセプトカーは、トヨタへのOEM車となるLCGC(低価格の小型車)『アイラ』のスポーツ仕様「GT2」、つや消しレッドが鮮やかな小型クロスオーバー『CUV2(クロスオーバー・ユーティリティ・ビークル2)』、中型MPVコンセプト『UFC3(ウルトラ・ファンクション・コンパクト3)』、7シーターSUVの『SUV(スポーツ・ウルトラ・ビークル)』の計4台。

ダイハツは毎年、多くのコンセプトカーを発表し、来場者の目を惹き付けている。販売シェアの9割が日本車という市場のなかで、ダイハツはトヨタに続き2位の実力。製品力をアピールしシェア拡大をねらう。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集