【テスラ モデルS 日本納車開始】ナビゲーションのアップデートを予告…日本の地図に対応

自動車 ニューモデル 新型車

テスラ モデルS 日本仕様
  • テスラ モデルS 日本仕様
  • テスラ モデルS 日本仕様
  • テスラ モデルS 日本仕様
  • テスラモーターズ イーロン・マスクCEO
  • テスラモデルS 納車イベントの様子
  • テスラ モデルS(写真は左ハンドル仕様)
  • テスラ モデルS(写真は左ハンドル仕様)
セダン型電気自動車(EV)『モデルS』の納車を8日に開始したテスラモーターズ。発表に合わせ来日したイーロン・マスクCEOは、モデルSの魅力について「常時ソフトウェアをアップデートできることだ」と語った。

モデルSは航続距離に課題が残るEVでありながら、パナソニック製のセルを使用した大容量電池の搭載により約500kmの走行を可能としている。さらに車両の制御やナビゲーションなどをセンターコンソールに設置された17インチの大画面ディスプレイでおこなうなど、他車と一線を画した未来的インターフェースが特徴だ。シリコンバレー発の自動車メーカーならではの発想といえる

このディスプレイではインターネット回線を利用することで、グーグルマップをナビゲーションとして利用する。もちろんウェブサイトの閲覧も可能だ。インターネット回線を介して車内で使用するアプリケーションのほか車載コンピュータのアップデートも可能だという。

マスクCEOは、「今後2~3か月のうちにナビはアップデートする予定だ。これにより日本のマップ機能も充実する」と語った。

さらに「1週間ほどで次期“バージョン6”に関する会見を予定している。このほか、車両の制御に関しても、また新たな発表があるだろう」と次期アップデートについても予告した。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集