メルセデスの新型スポーツカー、AMG GT…462hpのベースグレードも設定へ

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスAMG GTの開発車両。462hpのベースグレードを予告
  • メルセデスAMG GTの開発車両。462hpのベースグレードを予告
ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツの高性能車部門、AMGが9月9日に発表する新型スポーツカー、『メルセデス-AMG GT』。同車に、2種類のパワースペックが存在することが判明した。

メルセデス-AMG GTには、新開発の4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。このエンジンは、「AMG M178」型と命名。メルセデス-AMG GTのために開発した専用ユニットとなる。

排気量は3982ccで、2個のターボで過給。AMGのV8エンジンとしては初めて、ターボチャージャーをVシリンダーの内側に装着。『SLS AMG』同様、ドライサンプ方式を採用。エンジン単体重量は209kgで、メルセデスベンツによると、セグメントで最軽量という。

この4.0リットルV型8気筒ツインターボのスペックは最大出力が510hp/6250rpm、最大トルクが66.3kgm/1750-4750rpm。リッター当たりの出力は128hp。直噴のブルーダイレクト技術の導入などにより、排出ガス性能はユーロ6を満たす。

8月28日、メルセデスベンツAMGは公式サイトを通じて、メルセデス-AMG GTの最新予告を実施。その中で、「最大出力462hp仕様も用意する」と告げている。この462hp仕様は、メルセデス-AMG GTのベースグレードとして、遅れて追加される見込み。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集