【スバル WRX S4/STI 新型発表】新社屋で盛大に行われた「新星」の発表[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車
スバル WRX S4 新型発表
  • スバル WRX S4 新型発表
  • スバル WRX S4 新型発表
  • スバル WRX S4 新型発表
  • スバル WRX S4 新型発表
  • スバル WRX S4 新型発表
  • スバル WRX S4 新型発表
  • スバル WRX S4 新型発表
  • スバル WRX S4 新型発表
富士重工業は8月25日、新社屋「エビススバルビル」において初めての新車発表会を開催。WRCなどのレースの場で鍛え抜かれたハイパフォーマンスに安全性、環境性能などを融合した”新感覚”のAWDスポーツセダン『WRX』を発表した。

発表会場となったのは新社屋の3回に位置するイベントホール「EBIS 303」。当日は、最大1200人の収容人数を誇る広さ740平米の空間に多くの報道陣やカメラマン、関係者が集い、スバルから新たに提案されるAWDスポーツセダンの誕生を盛大に祝った。

STIに搭載されるエンジンは『レヴォーグ』などにも搭載され好評を得ている2.0リットルの水平対向4気筒直噴ターボ”DIT”エンジン。トランスミッションはスポーツリニアトロニックが搭載される。最高出力300ps/5600rpm、最大トルク40.8kgmというスペックを有しながらも、燃費は13.2km/リットル(JC08モード)となっている。

安全性を高めるキーとなるのが、スバル自慢の「アイサイト」。最新式のver.3が全車標準で搭載される。価格は、2.0GT EyeSightが310万円、2.0GT-S EyeSightが330万円となっている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集