日産、賛同企業と共同でEV通勤奨励プロジェクト推進を開始

エコカー EV
2014年4月にEV通勤奨励プロジェクトを開始したカルソニックカンセイ
  • 2014年4月にEV通勤奨励プロジェクトを開始したカルソニックカンセイ
日産自動車は、電気自動車(EV)の普及促進に賛同する企業と協力、賛同企業の各事業所内にEV用充電器を設置し、『リーフ』を活用した、電気自動車通勤奨励プロジェクト(ワークプレースチャージング)の推進を開始した。

制度導入で、各企業の従業員には、職場で充電できることによるEV通勤の利便性を高めるとともに、燃料費のコストを低く抑えるというメリットを提供。また、事業所近隣の人には、通勤車両の排気ガス抑制による環境保全効果とエンジン音のないEVならではの騒音低減を創出する。

日産自動車は賛同企業に対して、導入に向けた普通充電器の設置支援や実務運用におけるノウハウの提供を行うなど、ワークプレースチャージング推進に向けたバックアップを行っていく。今回の取組みは、既にグローバルで積極的に取り組まれており、米国でのリーフ販売のうち約2割は、ワークプレースチャージングに起因するものだという。

日産自動車は、今年度、日本での取組みの本格導入に向け、 エコマインドの高い企業、EV関連企業を中心に普及促進を順次提案し、各企業の状況に応じた従業員のEV通勤の仕組みをともに創り上げていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集