【ルマン24時間 2014】アウディ270km/hの大事故、徹夜でマシンを復活…ドライバーも無事

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
徹夜で修復完了を進めるアウディR18 e-トロン・クワトロ(1号車)
  • 徹夜で修復完了を進めるアウディR18 e-トロン・クワトロ(1号車)
  • アウディR18 e-トロン・クワトロの1号車
6月11日、ルマン24時間耐久レースのフリー走行において、大事故を起こしたアウディ『R18 e-トロン・クワトロ』(1号車)。徹夜での作業により、予選レースに復帰を果たした。

この事故は、6月11日の夕方17時過ぎ、サルト・サーキットの「ポルシェ・カーブ」で発生。昨年のルマンの覇者、ロイック・デュバル選手の乗るアウディR18 e-トロン・クワトロ(1号車)が、270km/h以上もの超高速走行時にコントロールを失い、コンクリートバリアに激突。マシンは大破した。

この事故で、ドライバーのロイック・デュバル選手は、病院に緊急搬送。アウディによると、奇跡的に軽傷で済んだという。

アウディはその後、新たなマシンの組み立てに着手。スペアのモノコックを使って、徹夜で作業を進めた結果、6月12日の2度目の予選走行に間に合わせた。なお、負傷したロイック・デュバル選手に代わって、マルク・ジェネ選手が、アウディR18 e-トロン・クワトロの1号車のステアリングホイールを握る。

アウディスポーツのLMPプロジェクト代表、クリス・ラインケ氏は、「事故は恐ろしいものだった。しかし、ロイック・デュバル選手がほぼ無傷で生還したのは、R18 e-トロン・クワトロとルマン・プロトタイプの安全性を証明している」と述べた。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集