BMW 初の市販EV アクティブE 、リース終了後の末路

自動車 社会 社会

BMWブランド初の市販EVとして、2011年秋に米国でリース販売された『アクティブE』。『i3』が登場した今、その役割を終えたアクティブEの末路が明らかになった。

この画像は、米国在住のJimmy Neamonitis氏が、米国カリフォルニア州の高速道路で、偶然撮影し、Facebookページで公開したもの。大型トレーラーの荷台に載せられた8台の白い車。それは、BMW『1シリーズクーペ』ベースのEV、アクティブEの姿。

8台の車体は全て、プレス機で圧縮されており、ペシャンコの無残な状態。タイヤは外され、ボディサイドには、何やら番号が書き記されている。かろうじて、フロントマスクとボディサイドのストライプから、アクティブEと識別できる。

アクティブEは2011年3月、ジュネーブモーターショー11で発表。リアアクスルに置かれるモーターは、最大出力168ps、最大トルク25.5kgmを発生。二次電池は、SBリモーティブ社と共同開発したリチウムイオンバッテリー。0-96km/h加速9秒以下、最高速145km/h(リミッター作動)の性能を備えていた。

米国では2011年秋、アクティブEのリース販売を、カリフォルニアやニューヨークなど、米国の一部エリアで開始。合計150台が2年契約でリース販売され、2013年秋、リース契約が満了。BMWにとっては、今後のEV開発に際しての貴重なデータ収集の場となった。

Jimmy Neamonitis氏が撮影したアクティブEのスクラップ車は、使命を終えたアクティブEの、まさに最後の姿。BMWの米国法人によると、米国の法律ではアクティブEの再販が認められていないため、バッテリーなどを取り外した上で解体し、リサイクル処理されたという。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集