新型MINI、クーパーSには新開発の直4ターボを搭載[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車

新型MINI・クーパーS
  • 新型MINI・クーパーS
  • 新型MINI・クーパーS
  • 新型MINI・クーパーS
  • 新型MINI・クーパーS
  • 新型MINI・クーパーS
  • 新型MINI・クーパーS
  • 新型MINI・クーパーS
  • 新型MINI・クーパーS
BMWジャパンは、7年ぶりにフルモデルチェンジをした『MINI』を4月12日より発売を開始した。「クーパー」と「クーパーS」の2モデルを導入し、価格は266万円から332万円に設定した。

上級グレードの「クーパーS」には、新開発された2.0リットル直列4気筒ターボエンジンを採用し、最高出力192ps/5000rpmと最大トルク280Nm/1250rpmを発揮する。トランスミッションはATとMTが用意される。欧州仕様のMT車では、0-100km/h加速を6.8秒で実現する。車両重量は1240kg(MT車)。

エクステリアデザインでは、MINIのデザイン・アイコンとする、丸形ヘッドライトや六角形グリル、クロームのアクセントなどの要素がモダンに取り組まれている。ボディサイズは、全長3860x全幅1725x全高1430mm(クーパーS)で、従来モデルと比べ、全長は115mm長く、全幅は40mm広い。全高は同様になっている。

内装では、スピードメーターが従来モデルまでセンタークラスターに設置されていたが、新型モデルでは、ドライバー前のステアリング・コラムに置かれた。さらに、211リットルのラゲージ・スペースを確保した。
《太宰吉崇》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集