【まとめ】レヴォーグ発表、スバル新時代担う新型スポーツワゴン

自動車 ニューモデル 新型車
スバル レヴォーグ プロトタイプ 2.0GT EyeSight
  • スバル レヴォーグ プロトタイプ 2.0GT EyeSight
  • スバル レヴォーグ プロトタイプ 2.0GT EyeSight
  • スバル レヴォーグ プロトタイプ 2.0GT EyeSight
  • スバル レヴォーグ プロトタイプ 2.0GT EyeSight
  • スバル レヴォーグ プロトタイプ 2.0GT EyeSight
  • スバル レヴォーグ プロトタイプ 2.0GT EyeSight
  • スバル レヴォーグ プロトタイプ 2.0GT EyeSight
  • スバル レヴォーグ プロトタイプ 2.0GT EyeSight
東京モーターショー13での公開以来、注目を浴び続けるスバル『レヴォーグ』。その発売が6月20日に迫っている。

ボディサイズは全長4690×全幅1780×全高1490mm(1.6リットルモデルは1485mm)。ラインナップは2.0リットルターボと1.6リットルターボの2つを用意。2.0リットルモデルでは、最高出力300ps最大トルク40.8kgmのパフォーマンスを発揮する。価格は266万7600円から356万4000円だ。

1月から開始された予約の受注状況も好調。満を持して投入される新型スポーツワゴンへの期待は大きい。

◆初公開はモーターショーのハイライト

【東京モーターショー13】スバル、スポーツツアラー レヴォーグ を世界初公開

【東京モーターショー13】スバル レヴォーグ「ワゴン最高峰のツーリング性能」

【東京モーターショー13】スバル レヴォーグ「日本向けにスバルを凝縮した車」

【東京モーターショー13】スバル レヴォーグ、レガシィの後継にふさわしい車格感のインテリア

【東京モーターショー13】スバル レヴォーグ、2種のフラット4ターボをスペックから読み解く

◆ボディ剛性、デザイン、アイサイト…全てが洗練

ねじれ剛性40%アップ、ワゴンボディを忘れる剛性感

スバル レヴォーグ、1.6/2.0リットルの2本立てになった理由

スバル レヴォーグ 熊谷PGM「“日本には、レヴォーグがある”と言われるように」

Ver.3に進化したアイサイト、80Km/hでR350までレーンキープ

アクセサリーも車両開発デザイナーが手がけるこだわり

ツインリンクもてぎでテスト走行[動画]

◆カスタムカーが見せた様々な表情

【東京オートサロン14】スバル レヴォーグ STI パフォーマンスコンセプト[詳細画像]

【東京オートサロン14】スバル レヴォーグ PROVAコンセプト[詳細画像]

【東京オートサロン14】スバル レヴォーグ プレミアムスポーツコンセプト[詳細画像]

【東京オートサロン14】スバル レヴォーグ SYMSレーシング[詳細画像]

【東京オートサロン14】スバル レヴォーグ CORAZONコンセプト[詳細画像]

◆国内市場担うスポーツツアラー、受注も好調

スバル レヴォーグ は、世界に進出するスバルにとって必然の存在か

先行予約は3200台、その7割はSパッケージを選択

スバル レヴォーグ、予約開始から10日間で2700台受注…レガシィからの代替5割

◆プロトタイプ試乗の反応は

【スバル レヴォーグ プロトタイプ 試乗】5人掛かりで背中を押される加速感…竹岡圭

【スバル レヴォーグ 2.0GT 試乗】 スバルらしいバカっ速ワゴン...諸星陽一

【スバル レヴォーグ プロトタイプ 試乗】スバリストに提示した新しい選択肢…松下宏
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集