【ポルシェ ケイマン 試乗】乗ったら欲しくなる、さて予算は…諸星陽一

自動車 ニューモデル 新型車
ポルシェ ケイマン
  • ポルシェ ケイマン
  • ポルシェ ケイマン
  • ポルシェ ケイマン
  • ポルシェ ケイマン
  • ポルシェ ケイマン
  • ポルシェ ケイマン
  • ポルシェ ケイマン
  • ポルシェ ケイマン
ポルシェのスポーツカーラインアップのなかで『ボクスター』の上、『911』の下に位置するのが『ケイマン』。ボクスターがオープンボディのみなのに対し、ケイマンはクローズドボディのみという構成となる。

試乗車は275馬力の2.7リットル水平対向6気筒エンジンを搭載、PDKと呼ばれる7速の2ペダルATを採用するモデルで、標準タイプで659万円のプライス。レクサスGSの中間グレードあたりと同価格となる。

低くすえられたシートに座ると、そこから見える風景は完全なるスポーツカーのもの。なだらかなカーブを持つメーターカバーの中に収められたメーターは伝統的な丸形のアナログで、センターにはスポーツ走行ではもっとも大切なタコメーターが据えられる。路面が近くに感じられ、走ろうという気持ちが高められる。

エンジンを始動するとシートの後ろで鼓動をはじめるが、その振動はまるで感じない。スムーズこのうえないスタートでクルマを走らせる。Dレンジで走っている限り、まったく気を使う必要はない。アクセルペダルを踏むだけで、スポーティな走りができる。もちろんセレクトレバーを左側に倒し、マニュアルモードを選べば、さらにスポーティな走りができる。PDKの変速時間は100分の数秒以内と、もはや人間ではかなわないクイックさ。

ハンドリングも格別。試乗時間が短く、攻め込むシチュエーションでもなかったが、動きの素直さと正確さ、そして機敏さは文句なくポルシェのもの。ゆったり走っているときは、まるで乗用車のようにイージーで乗り心地もいい。しかし、アクセルを踏み込みスピードを上げていくほどに、ハンドリングはスポーティにエキサイティングになる。だからといって乗りにくくなるわけでない。無理はさせない、クルマの状態を正確に伝えてくれるのがケイマンの走りだ。

ボクスターから911、そしてPHVスーパースポーツの『918』までラインアップするポルシェのスポーツカーのなかで、ケイマンに乗る想定ユーザーを満足させ、さらに上のモデルへと誘う味付けは絶妙。乗ったら欲しくなる、さて予算はどうしよう……だが、700万円を切る価格はフェラーリやランボルギーニとは異なり、手が届く人も意外と多い、これまた絶妙な価格帯なのだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★

諸星陽一|モータージャーナリスト
自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活躍中。趣味は料理。
《諸星陽一》

編集部おすすめのニュース

  • 【東京モーターショー13】デルタ航空、プレイベントであるアメリカンモーターフェアに協賛…「ビジネスエリート」サービスなどを紹介 画像 【東京モーターショー13】デルタ航空、プレイベントであるアメリカンモーターフェアに協賛…「ビジネスエリート」サービスなどを紹介
  • 【ロサンゼルスモーターショー13】ポルシェの新型SUV、 マカン …スポーツカーのパフォーマンス[動画] 画像 【ロサンゼルスモーターショー13】ポルシェの新型SUV、 マカン …スポーツカーのパフォーマンス[動画]
  • 【VW ゴルフ 試乗】純正インフォテインメントシステム登場で魅力アップ…島崎七生人 画像 【VW ゴルフ 試乗】純正インフォテインメントシステム登場で魅力アップ…島崎七生人
  • 安全装置が作動せず、試乗車がフェンスに突っ込む 画像 安全装置が作動せず、試乗車がフェンスに突っ込む

特集

おすすめのニュース