日産自動車、ブータン王国における販売会社を決定

エコカー EV
日産リーフ (ブータン首都ティンプーにて)
  • 日産リーフ (ブータン首都ティンプーにて)
  • 日産リーフ (ブータン首都ティンプーにて)
日産自動車は2月21日、サンダー・モーターズ社をブータン王国における販売会社として決定したと発表した。

同社は、日産の現地パートナーとして、ブータン王国における日産車の輸入、販売、アフターサービスを行うことになる。

今回の決定は、日産がゼロ・エミッション国家を目指すブータン王国政府をサポートするために同国と拘束力のない覚書を締結したという発表と合わせて合意したもの。

ゼロ・エミッション国家という目標に向けた第一段階として、ブータン王国の首都ティンプーの政府公用車、および、タクシー車両がEVに切り替わる。また覚書の中には、100%再生可能な水力発電によるエネルギーを使った急速充電インフラの全国ネットワークの整備についても含まれている。

2011年に設立されたサンダー・モーターズ社はブータンのR&D企業で、ブータン向けの電気自動車の設計を行っている。日産、および、サンダー・モーターズ社は、ブータン王国向けのEVの開発をサポートするため、技術上に実現可能な案件の検討を共同で行っていく予定。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集