ダイムラー、中国向けEV『DENZA』を初公開…BYDとの合弁を通じて14年中に発売へ

自動車 ニューモデル 新型車

電気自動車DENZA初公開
  • 電気自動車DENZA初公開
ダイムラーは2月14日、中国向けEV『DENZA』の画像を初公開した。DENZAはダイムラーと中国電池大手BYDとの合弁会社である「深センBYDダイムラー新技術有限公司=Shenzhen BYD Daimler New Technology(BDNT)」で開発・製造され、2014年中には発売される予定だという。

同時にダイムラーはEVに欠かせない充電装置の供給についても発表した。BDNTはまたABB社と中国における充電装置の供給について契約し、DENZAと共同で壁掛け型の急速充電機をユーザーに販売するという。この急速充電機は中国の普通のコンセントで使用でき、モバイル・アプリケーションでリモート監視・操作できるオプションが準備されるようだ。

BDNTのCOOであるアルノ・ローリンガー氏は、「DENZAは中国の自動車市場における持続可能な交通手段として重要なステップだ。EVにとって我々が充電装置を整備するインフラ・パートナーを持っていることが非常に重要だ」とコメントした。

BDNTが生産する初めてのEVとなるDENZAは、2014年4月の北京モーターショーでワールド・プレミアされ、年内には発売される予定だという。

BDNTは、ダイムラーとBYDによって2011年2月に設立され、250人のエンジニアを擁して、BYDの電池技術とダイムラーの125年以上の自動車生産の歴史をベースに新エネルギー自動車を開発している、という。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集