1月のBMWグループ世界販売、過去最高の13万台超え…5シリーズ が牽引

自動車 ビジネス 海外マーケット
ニューBMW 5シリーズ
  • ニューBMW 5シリーズ
  • 新型BMW 3シリーズセダン
  • BMW X3
  • BMW 4シリーズクーペ
  • BMW 6シリーズグランクーペ
BMWグループは2月11日、1月の世界新車販売の結果を明らかにした。BMW、MINI、ロールスロイスの3ブランドの総販売台数は、1月としては過去最高の13万2892台。前年同月比は7.8%増と、53か月連続で前年実績を上回った。

ブランド別では、BMWが前年同月比9.2%増の11万7164台と、引き続き好調。MINIは2.2%減の1万5510台と、2か月ぶりのマイナス。ロールスロイスは218台という結果。

グループ全体の1月市場別実績は、中国が前年同月比22.2%増の3万7137台。中国を含めたアジア全体では、17.9%増の5万0841台と、初の5万台超え。米国は3%増の2万0796台。欧州は5万1319台を売り上げ、前年同月比は1.4%増と、わずかに回復。

1月のBMWブランド実績では、『5シリーズ』が前年同月比14%増の2万7974台と牽引。『3シリーズセダン』が、前年同月比4.6%増の2万2451台でこれに続いた。1月に納車が開始されたばかりの『4シリーズクーペ』は、4046台を登録。『6シリーズ グランクーペ』は、37%増の993台。

SAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)では、『X3』の販売が、引き続き好調。1月は前年同月比18.2%増の1万2095台を売り上げた。

BMWグループの2013年世界新車販売は、前年比6.4%増の196万3798台と過去最高。「昨年の成功を土台とし、1月は明るいスタートを切った」と述べるのは、BMWグループのイアン・ロバートソン営業&マーケティング担当取締役。「いくつかの市場では引き続き厳しいが、回復の兆しが見えており、2014年はさらなる成長を目指す」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集