ルノー から小型SUVコンセプト、KWID…小型ヘリがドライブの相棒[動画]

自動車 ニューモデル 新型車

ルノーKWIDコンセプト
  • ルノーKWIDコンセプト
フランスの自動車大手、ルノーが2月5日、インドで開幕した「第12回オートエキスポ2014」(デリーモーターショー14)でワールドプレミアした『KWIDコンセプト』。同車の公式映像が、ネット上で公開されている。

KWIDコンセプトは、インドなどの新興国市場のニーズを満たす目的で、ルノーが開発した小型SUVコンセプトカー。若い世代の顧客にアピールするために、数多くの画期的アイデアを採用しているが、そのハイライトがプロペラの4個付いたヘリコプター、「クアッドコプター」。

KWIDコンセプトのルーフには、「フライング コンパニオン」と命名されたクアッドコプターを内蔵。ルーフの後部が上に開き、クアッドコプターが出現。ドライブに伴走して飛行する。自動飛行モードと室内のタブレット端末から操作できるマニュアル飛行モードを備え、走行中のKWIDコンセプトに、エンタメ情報や安全面に関わる情報を送ってくる仕組み。

このほか、鳥の巣をモチーフとし、繭に包まれたようなデザインのインテリアが斬新。シートは、室内中央フロアの1か所に固定され、空中に浮いているかのよう。前席は3名がけで、ドライバーは中央に着座する。

遊び心満点の小型SUVコンセプト、KWID。未来の顧客獲得の一手となるか、注目される。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集