【東京オートサロン14】日産GT-R NISMO、ニュル7分8秒…ドライバーのクルム「夢のよう」

自動車 ニューモデル モーターショー
NISMO
  • NISMO
  • NISMO
  • NISMO
  • NISMO
  • NISMO
  • NISMO
  • NISMO
  • NISMO
東京オートサロン2014で、日産は『GT-R NISMO』と『マーチ NISMO S』を出品。この2台についてミハエル・クルム選手と金子晃ニスモビジネスオフィスチーフビークルエンジニアがトークショーを行った。

展示されたのは、ドイツのニュルブルクリンクサーキット北コースにおいて、量産車で世界最速となる7分8秒679というラップタイムを記録した車両同様のチューニングをほどこした「NISMO N Attack Package」装着車と、「MARCH NISMO」に、よりダウンフォースを高めるエアロパーツや、コーナーリング性能の向上とローダウンフォルムを実現するスポーツスプリングを装着したマーチ NISMO S。

GT-Rで最速ラップをたたき出したクルム選手は「良いタイムが出せるか最初はすごいストレスだったけど、ニュルをGT-Rで走れるのが夢のようだった。僕だけでなく、他のドライバーも含めてみんなすごい仕事をした」と笑顔で話した。金子氏も「全ての人が、1人でも欠けていたらうまくいかなかった。いろんな困難があったが、全てが最後にこのタイムにつながり、チームの勝利だと思った」と感慨深げに語った。

また、マーチ NISMO Sについて、クルム選手は「まずマニュアル(ミッション)があって嬉しい。ドライビングプレジャーはびっくりするくらい。シートとステアリングのポジションも素晴らしい。マーチもGT-Rと同じレーシングスピリットが入っているのがすごいね」と賞賛。「走りに合わせたエアロパーツなどトータルバランスがすごく良くなったと思う。これからも様々な車種で開発していきたい」と金子氏が結んだ。
《嶽宮 三郎》

編集部おすすめのニュース

特集