フェラーリ ファン、シューマッハにメッセージ…「強い気持ちで戦い続けて」[動画]

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
ミハエル・シューマッハ氏が入院するフランスの病院に投影された応援メッセージ
  • ミハエル・シューマッハ氏が入院するフランスの病院に投影された応援メッセージ
2013年12月末、フランスでスキー中の事故により、頭部に重傷を負い、入院中の元F1ドライバー、ミハエル・シューマッハ氏。1月3日、同氏が入院中のフランスの病院に多くのファンが集まり、回復を祈るイベントが行われた。この様子がネット上で公開されている。

このイベントは、フェラーリのF1チーム、スクーデリア・フェラーリの呼びかけで実施されたもの。1月3日に45歳の誕生日を迎えるミハエル・シューマッハ氏を応援するという趣旨に賛同した多くのファンが、フランスのグルノーブル大学病院に集まった。

イタリア、ドイツなど欧州各国から駆け付けた200名以上のファンは、フェラーリを象徴する赤い服装に身を包み、それぞれが思い思いのメッセージを掲げたり、旗を振ったりして、ミハエル・シューマッハ氏の早期回復を祈願している。

ニュースサイトの『euronews』はこの様子を、公式サイトを通じて配信。夜には、大型プロジェクターを使って、病院の壁面に「シューマッハの45歳を祝福する。強い気持ちで戦い続けて」とのメッセージが投影された。

容体は安定しているものの、引き続き予断を許さない状態と伝えられるシューマッハ氏。同氏の回復を祈る多くのファンの思いは、動画共有サイト経由で見ることができる。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集