フォルクスワーゲン up!に e-up!…静かすぎるEVに、こんな走行音[動画]

エコカー EV

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンが、欧州で発売した『e-up!』。この同社初の量産EVのユニーク映像が、ネット上で公開されている。

e-up!は、フォルクスワーゲンの新世代コンパクトカー、『up!』のEV版。パワートレインの中核は、フロントアクスルに置かれる小型モーター。このモーターは、最大出力82ps、最大トルク21.4kgmを発生する。二次電池は、蓄電容量18.7KWhのリチウムイオンバッテリーで、床下にレイアウト。

車両重量は1185kgと軽量。e-up!の動力性能は、0-100km/h加速12.4秒、最高速130km/h(リミッター作動)。1回の充電で、最大160kmを走行できる。急速チャージャーを利用すれば、80%のバッテリー容量を30分以内で充電可能。

e-up!のドイツベース価格は、2万6900ユーロ(約390万円)。今回、フォルクスワーゲンが公式サイトを通じて配信した映像では、EVの特徴で市街地を音もなく走行するe-up!に、ユニークな走行音を発生させている。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集