キャデラック CTS 新型の高性能グレード、「Vスポーツ」…量産第一号車を納車

自動車 ビジネス 海外マーケット

米国の自動車最大手、GMの高級車ブランド、キャデラックは12月19日、新型『CTS Vスポーツ』の量産第一号車を、米国在住の顧客に引き渡した。

キャデラックは2013年3月、ニューヨークモーターショー13において、新型『CTS』を発表。CTSはキャデラックブランドのミッドサイズ車。新型は3世代目となる。

新型CTSの頂点に立つ高性能グレードが、CTS Vスポーツ。キャデラックに広く搭載されてきた直噴3.6リットルV型6気筒ガソリン自然エンジンを、2個のターボチャージャーで過給。最大出力は420ps/5750rpm、最大トルクは59.5kgm/3500-4500rpmを引き出す。

トランスミッションは、キャデラック初の8速AT。駆動方式はFR。新型CTS Vスポーツは、0‐96km/h加速4.6秒、最高速274km/hという優れたパフォーマンスを実現する。ブレーキはブレンボ製。アルミドア構造の採用などによる軽量化、前後重量配分50対50と理想的なバランスの追求も、高い運動性能をもたらす。

12月19日、キャデラックは新型CTS Vスポーツの量産第一号車を、米国コロラド州在住のWhited夫妻に納車。二人は2013年8月、ネバダ州で開催された有名自動車オークション、「バレットジャクソン」において、新型CTS Vスポーツの量産第一号車を12万ドル(約1250万円)の高値で落札していた。

第一号車を手にしたTim Whited氏は、「チャリティの趣旨に賛同し、新型CTS Vスポーツの実車を見て、オークションで落札する気になったんだ」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集