【スズキ ハスラー 発表】鈴木会長「軽のシェア41%は減らない」

自動車 ニューモデル 新型車

スズキ 鈴木修会長兼社長
  • スズキ 鈴木修会長兼社長
  • スズキ ハスラー 発表会
  • スズキ 鈴木修会長兼社長
  • スズキ ハスラー 発表会
  • スズキ・ハスラー
  • スズキ・ハスラー
  • スズキ・ハスラー
  • スズキ・ハスラー
スズキの鈴木修会長兼社長は12月24日に都内で開いた軽自動車「ハスラー」発表会の席上、軽の需要について「(現状の国内シェア)41%が増えることはあっても減ることはないだろう」との見通しを示した。

鈴木会長は軽自動車は定められた規格のなかで性能を高めた「芸術品」との持論を展開。さらに「軽でも仕方ないという時代から、軽がいいじゃないかということに皆さんの考え方が変わった」と、軽の需要好調の背景を指摘。今後も国内での占有率を維持・拡大すると展望した。

一方、2015年度から軽自動車税が引き上げられることに関しては「心の中は燃えちぎっている。どこかで恨みを晴らしてやろうと…。その点でも(軽の販売シェアを)増やさないといけない」と、強調した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集