ポルシェ、2014年シーズンのワークス活動を発表

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ポルシェAGは12月14日、2014年シーズンの世界耐久選手権(WEC)のトップカテゴリーに参戦するドライバーラインナップと新型車両の名称を、ヴァイザッハで開催された「ポルシェモータースポーツ ナイト オブ チャンピオンズ」にて発表した。

新型LMP1レーシングカーの正式名称は「ポルシェ919ハイブリッド」と決定。新たにLMP1プログラムのドライバーに加わるのはブレンドン・ハートレー(24・ニュージーランド)とベテランのポルシェ ワークスドライバーであるマルク・リーブ(33・独)。LMP1プロジェクトのドライバーとして、ティモ・ベルンハルト(32・独)、ロマン・デュマ(36・仏)、ニール・ジャニ(30・スイス)およびマーク・ウェバー(37・豪)がすでに契約を完了している。

また、ポルシェAGチーム・マンタイは、再び2台の「ポルシェ911 RSR」でル・マン24時間を含むWECに参戦。ポルシェ ノースアメリカは、COREオートスポーツチームと共に新たに開催されるチュードル・ユナイテッド・スポーツカー・チャンピオンシップに参戦する。同レースは、1月25日のデイトナ24時間レースで開幕する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集