【東京モーターショー13】メルセデス Sクラス…新しいメルセデスのインテリアデザイン

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ・S65AMGロング(東京モーターショー13)
  • メルセデスベンツ・S65AMGロング(東京モーターショー13)
  • メルセデスベンツ・Sクラス
  • メルセデスベンツ・Sクラス
  • メルセデスベンツ・Sクラス
  • メルセデスベンツ・Sクラス
  • メルセデスベンツ・Sクラス
  • メルセデスベンツ・Sクラス
  • メルセデスベンツ・Sクラス
東京モーターショー13でワールドプレミアを果たしたメルセデスベンツ『S65AMGロング』。そのベースとなる『Sクラス』のインテリアは、これまでのメルセデスとは大きく変わった“官能的”なデザインだという。

そう話すのは、同社商品企画・マーケティング部商品企画1課の木下潤一さん。具体的には、「全体として曲線がつながっていることだ。エアコンの吹き出し口を中心に運転席側と助手席側に向かって一度奥まった後、ドアトリムに連続的に周り込んでいく。曲線をうまく使ったエモーショナルなデザインになった」と説明する。

木下さんによると、「Sクラスは常にメルセデス全体のリーダーであり、先端を走るクルマであることから、このデザインエッセンスは今後、色々なクルマに取り入れられていくだろう」と話す。

また、エクステリア同様、伝統、クラシックもテーマとしてあり、一例として木下さんは「ステアリングやトリム、エアコンの吹き出し口などで感じられるだろう。特にステアリングの下にMercedes-Benzと入っている字体はとてもクラシックだ」と述べ、伝統と革新が高次元でバランスされたインテリアデザインであることを語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集