【ロサンゼルスモーターショー13】レガシィコンセプト と レヴォーグ が切り拓く、スバルの世界戦略

自動車 ニューモデル モーターショー

スバル レガシィコンセプト(ロサンゼルスモーターショー13)
  • スバル レガシィコンセプト(ロサンゼルスモーターショー13)
  • スバル レガシィコンセプト(ロサンゼルスモーターショー13)
  • スバル レガシィコンセプト(ロサンゼルスモーターショー13)
  • スバル レガシィコンセプト(ロサンゼルスモーターショー13)
  • スバル レガシィコンセプト(ロサンゼルスモーターショー13)
  • スバル レガシィコンセプト(ロサンゼルスモーターショー13)
  • スバル レガシィコンセプト(ロサンゼルスモーターショー13)
  • スバル レガシィコンセプト(ロサンゼルスモーターショー13)
スバルがロサンゼルスモーターショー13で公開した『レガシィコンセプト』。東京では『レヴォーグ』が公開され、一部報道ではこのレヴォーグが“次期レガシィ”と言われている一方で、“本物”の「レガシィ」名を冠したモデルはどこへ向かうのだろうか。

この課題を解決するのは、ボディサイズ。レヴォーグは全長4690×全幅1780×全高1465mm。一方のレガシィコンセプトは、全長4930×全幅1940×全高1500mmで一回り大きい。レガシィコンセプトの実車は、セダン然としたサイズ感に重厚感がプラスされている。そしてこのサイズ感のセダンを展開するということは、中国市場を本気で見据えていることが容易に感じ取れる。

以前ほどではないが、中国では“セダンこそ車”という志向が根強く残る。近年はSUVも少しずつ増えてはいるものの、セダン志向がなくなったとは考えにくい。

スバルは時間をかけて育て上げたレガシィブランドをもって、世界最大のセダン需要が息づく中国市場へ、本腰を入れる算段ではないだろうか。

一方、レヴォーグサイズの市場は、まさに激戦区である。スバルブランドを持ってすれば、量のボトムは確保できるかもしれないが、規模を求めるのに比例して、ライバルとなる国内外の競合が現れる。そういった意味ではレヴォーグなる新ブランドで、心機一転、勝負に出る事も選択肢として考え得るだろう。

今回のレガシィコンセプトの登場は、“レガシィ”が従来育った環境を脱却し、世界のレガシィへと本格的に脱皮を図る意志表示にみてとれる。富士重工の吉永社長が、レヴォーグは日本向けである事を示唆していることからも、日本のレガシィが、世界のレガシィへと新たに位置づけられた分、空いた場所にレヴォーグが収まったと見るのが素直ではないだろうか。
《土屋篤司》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集