【東京モーターショー13】ジャガー・ランドローバー、2車種を発表

自動車 ニューモデル モーターショー

ジャガーFタイプ クーペRパフォーマンス
  • ジャガーFタイプ クーペRパフォーマンス
  • レンジローバー・スポーツ
  • ジャガー・ランドローバー・グループのフィル・ポップハム マーケティング・ディレクター
ジャガー・ランドローバーは東京モーターショーの会場で、新型「レンジローバー・スポーツ」と、ジャガー「Fタイプ クーペ」の2車種を発表した。

ジャガー・ランドローバー・グループのフィル・ポップハム マーケティング・ディレクターは、日本におけるジャガー・ランドローバーの販売が前年比で77%の成長になっていることを報告した。

レンジローバー・スポーツは、3年連続で発売する新しいレンジローバー・ラインナップのひとつ。アルミニウム構造のボディは先代モデル比で堅牢度が25%アップしたにもかかわらず、最大で420kgの重量削減を実現。軽くなったボディに510psのスーパーチャージドV8エンジンを搭載することで、0-100km/h加速はわずか5.3秒だという。

また、ジャガーFタイプ クーペRパフォーマンスは、「Fタイプ コンバーチブル」を礎として開発。こちらも最大出力550psの5.0リットルスーパーチャージドV8エンジンを搭載しており、リミッター最高速度は300km/h。0-100km/hの加速には4.2秒しか要さない。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集