【東京モーターショー13】スバル レヴォーグ「ジャパン・ベストの専用設計」

自動車 ニューモデル モーターショー

富士重 レヴォーグ
  • 富士重 レヴォーグ
  • 富士重 レヴォーグ
  • 富士重 レヴォーグ
  • 富士重 レヴォーグ
  • 富士重 レヴォーグ
  • 熊谷泰典プロジェクトゼネラルマネージャー
富士重工業は11月20日、2014年春に発売予定の新型ツーリングワゴン『レヴォーグ』を世界初公開した。

開発責任者を務める熊谷泰典プロジェクトゼネラルマネージャーは「プラットフォームのベースは『インプレッサ』であることは事実だが、インプレッサのワゴン化という発想ではまったくなくて、すべてを専用で新しい価値を与えた革新の車。最初からそういう狙いで、そうした規模の変更を入れながら造ってきた」と言い切る。

具体的には「車体の剛性は格段に上げている。後ろ半分についても新規。ベースはあくまでもインプレッサ世代のプラットフォームでありながら、私としては全く別物だという解釈をして良いくらいの専用設計になっている」と説明。

さらに「とにかく日本市場だけを見つめて造った。だからジャパン・ベストだと思っている。しかし、ジャパン・ベストの車だから、海外に通用しないとは決して思っていない。将来的にグローバル展開する可能性がないとは言えないし、仮に出したとしてもちゃんと通用する商品だと思う。ただあくまでも日本専用に造ったものを海外に出してあげる、ちょっと上から目線だが、そういうことになる」とも語っていた。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集