【SEMAショー13】トヨタ 86、大胆にカスタマイズ…走るDJブースに変身

自動車 ニューモデル モーターショー

サイオンFR-S(トヨタ86)の「アートカー」
  • サイオンFR-S(トヨタ86)の「アートカー」
  • サイオンFR-S(トヨタ86)の「アートカー」
  • サイオンFR-S(トヨタ86)の「アートカー」
  • サイオンFR-S(トヨタ86)の「アートカー」
  • サイオンFR-S(トヨタ86)の「アートカー」
  • サイオンFR-S(トヨタ86)の「アートカー」
  • サイオンFR-S(トヨタ86)の「アートカー」
  • サイオンFR-S(トヨタ86)の「アートカー」
トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は11月5日(日本時間11月6日未明)、米国ラスベガスで開幕したSEMAショー13において、複数のサイオン『FR-S』(日本名:トヨタ『86』)のカスタマイズカーを初公開した。

サイオンは、トヨタ自動車が米国で展開する若者向けブランド。トヨタ86は米国では、サイオンFR-Sとして販売中だ。今年のSEMAショーにも、昨年同様、多くの86のカスタマイズカーが展示された。

その中の1台が、スティーブ・アオキ氏が手がけたサイオンFR-Sの「アートカー」。有名DJそしてプロデューサーの同氏が、86をミキシングステーションに仕立てている。

室内には、パイオニア製のカスタムサウンドシステムを搭載。10インチのサブウーハーをはじめ、4チャンネルのプロフェッショナルミキサーが迫力のサウンドを演出する。また、リアゲートにはMVデザインのLCDディスプレイを埋め込む。フォグマシンとストロボライトも追加。後席はシングルシーターに変更し、DJステーション化。

外観はMVデザインのエアロパーツ5点キットと、カーボンファイバー製ディフューザーを装着。吸排気系はGreddyでチューン。19インチのアルミホイールには、ニットータイヤの組み合わせ。テイン製スプリングでローダウンしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集