【東京モーターショー13】ヤマハ発動機、EV二輪のコンセプトモデルなどを世界初公開

モーターサイクル エンタメ・イベント

ヤマハ発動機は、「第43回東京モーターショー2013」に、「Revs your Heart」をテーマとする展示ブースを出展すると発表した。

ヤマハブースでは、コンセプトモデルを含むモーターサイクル、スクーター、電動アシスト自転車、四輪バギーなど、合計19モデルを展示し、ヤマハならではの「広がるモビリティの世界」を提案する。

モーターサイクルでは『ボルト・カフェ』、『PES1/PED1』、『イービーノ』、『イーキッズ』、電動アシスト自動車『イプシロン・プロジェクト-01』を世界初公開する。

ボルト・カフェは、スリム&コンパクトな車体に950cc空冷V型2気筒エンジンを搭載したボルトをベースに、オーナー自身の手によって組み上げられるカスタマイズ提案モデル。

PES1/PED1は、電動ならではの特性に加え、既存のモーターサイクルファンにも違和感のない操作感と、新感覚の走りを実現するEV二輪のコンセプトモデル。ストリート・スポーツのPES1と、ダート・スポーツのPED1は、フレームを兼ねるモノコック構造のパワーユニット(ヤマハ・スマートパワー・モジュール)を共有し、EV特有の環境性能に加え、AT/MTモードの切り替えや簡単に交換可能な着脱式バッテリー、スマートフォンを活用した各種情報サービス機能などを備える。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集