【東京モーターショー13】ブリヂストン、環境技術や環境対応商品を紹介

自動車 ビジネス 企業動向

ブリヂストン・ブースイメージ
  • ブリヂストン・ブースイメージ
ブリヂストンは、11月20日から12月1日まで、東京ビッグサイトで開催される「第43回東京モーターショー2013」に出展する。

今回のモーターショーでは、「イノベーションを通じた持続可能な社会の実現」をテーマに、「資源を大切に使う」「CO2を減らす」の2つの領域にフォーカスを当て、同社グループの環境技術や環境対応商品を紹介する。

「資源を大切に使う」ための取り組みを紹介するコーナーでは、リサイクル可能な原材料を採用した「非空気入りタイヤ(エアフリーコンセプト)」や、原材料使用量の半減を目標とした「ハーフウェイトタイヤ技術」などを出展する。

「CO2を減らす」ための取り組みを紹介するコーナーでは、転がり抵抗を大幅に低減させることで、CO2排出量の削減に貢献する狭幅・大径サイズのタイヤ「ECOPIA(エコピア)with ologic(オロジック)」や低燃費タイヤ「ECOPIA」を展示する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集