【東京モーターショー13】レクサス、初のターボをSUVコンセプトの LF-NX に

自動車 ニューモデル モーターショー

レクサス LF-NXターボ
  • レクサス LF-NXターボ
  • レクサス LF-NXターボ
  • レクサス LF-NXターボ
  • レクサス LF-NXターボ
  • レクサス LF-NXターボ
  • レクサス LF-NXターボ
  • レクサス LF-NXターボ
  • レクサス LF-NXターボ
トヨタ自動車はレクサスブランドで初のターボエンジンを搭載するコンセプトを世界初公開(ワールドプレミア)する。今年のフランクフルトショーでワールドプレミアしたコンパクトSUVの『LF-NX』に設定して公開する。

エンジン排気量は2リットル。LF-NXはフランクフルトショーではハイブリッド車(HV)として登場したが、「レクサスが追求するエモーショナルな走りを実現する一環」(レクサス部門広報担当)として、ターボを設定したという。

東京ショーではターボモデルならではのスポーティーな走りを予感させるデザインとして、フロントのアンダースポイラーなど低い構えのパーツも採用している。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集