【CEATEC13】日産、自動運転車のデモ走行を日本初公開

自動車 ビジネス 企業動向

日産 自動運転技術
  • 日産 自動運転技術
  • 日産 自動運転技術
日産自動車は、10月1日から5日まで幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2013」に出展。自動運転技術のデモンストレーションを日本で初めて一般公開すると発表した。

日産は、会場内に日本の市街地走行を想定した特設コースを設けて、クルマの人工知能(AI)にスポットをあてた実演走行を行う。

今回、実演走行を行う車両は、『リーフ』をベースとした市街地走行を目的とする自動運転技術を搭載した車両。5つのレーザースキャナー、5つのカメラを用いて周囲360度の状況を常時把握。他の車に遭遇すると、人工知能が「相手の動きを読み」、その場に応じた適切な行動ルールを蓄積された知識の中から選び出すことができる。同システムにより、信号機のない交差点への侵入や駐車車両の追い越しなど複雑な運転環境においても、自動運転技術搭載車両は、正しく状況判断して安全な走行を実現する。

今回のCEATEC会場内の特設コースでは、ドライバーが運転する車両と自動運転車を同時に走らせ、交差点や駐車車両の追い越しの場面で遭遇すると、自動運転車に組み込まれた人工知能が「相手の動きを読み」、場面に応じた停止、発進の判断を行う様子をわかりやすく解説しながら実演する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集