【ジャカルタモーターショー13】スズキ、カリムン ワゴンR の生産を開始…LCGC政策対応のエコカー

自動車 ニューモデル モーターショー

スズキ・カリムン ワゴンR
  • スズキ・カリムン ワゴンR
  • スズキ・カリムン ワゴンR
  • スズキ・カリムン ワゴンR
  • スズキ・カリムン ワゴンR
  • スズキ・カリムン ワゴンR
  • スズキ・カリムン ワゴンR
  • スズキ・カリムン ワゴンR
スズキのインドネシア子会社であるスズキ・インドモービル・モーター社(SIM社)は9月19日、1000ccの乗用車『ワゴンR(現地名:カリムン ワゴンR)』を2013年9月より生産開始したと発表した。

ワゴンRはインドネシア政府のLCGC(ローコストグリーンカー)政策に適応した低燃費の1000cc5人乗り乗用車で、SIM社のタンブン工場にて2013年9月より生産を開始し、インドネシア国内に投入する。ワゴンRは、低燃費を実現、現地調達率を向上させLCGCの認定条件をクリアする予定。

スズキのインドネシアでの2012年度四輪車生産実績は年間14万9000台。インドネシアの自動車市場拡大に対応するため、既にタンブン工場での内作率向上のための投資を進めており、また2012年にはジャカルタの東方にあるGIIC工業団地内に、130万平米の土地を購入し、新しいエンジン・トランスミッション工場と四輪車体組立工場を建設している。

エンジン・トランスミッション工場は、チャクン工場のエンジン生産の一部を移管し、鋳造・鍛造から機械加工、熱処理、組立まで一貫して生産することで、内作率を大幅に引き上げ、生産効率も向上させる。2014年2月より順次稼働を始め、2014年11月には一貫生産体制となる予定。

四輪車体組立工場は、タンブン工場から「エルティガ」の生産を移管し、2015年1月から稼働する計画で、今後はワゴンRの生産も行っていく予定。新エンジン・トランスミッション工場と新車体工場の稼働により、2015年度にはインドネシア全体で25万台の生産能力を持たせ、市場の動向を見ながら順次生産能力を向上していく。GIIC工業団地における一連の投資総額は約930億円となる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集