スバル レガシィ アウトバック、豪州で2014年型…タフなルックスに進化

自動車 ニューモデル 新型車

スバル レガシィ アウトバックの2014年モデル(オーストラリア仕様)
  • スバル レガシィ アウトバックの2014年モデル(オーストラリア仕様)
  • スバル レガシィ アウトバックの2014年モデル(オーストラリア仕様)
  • スバル レガシィ アウトバックの2014年モデル(オーストラリア仕様)
  • スバル レガシィ アウトバックの2014年モデル(オーストラリア仕様)
  • スバル レガシィ アウトバックの2014年モデル(オーストラリア仕様)
  • スバル レガシィ アウトバックの2014年モデル(オーストラリア仕様)
  • スバル レガシィ アウトバックの2014年モデル(オーストラリア仕様)
  • スバル レガシィ アウトバックの2014年モデル(オーストラリア仕様)
スバル(富士重工)のオーストラリア法人、スバルオーストラリアは9月18日、2014年モデルの『アウトバック』(日本名:『レガシィ アウトバック』)を発表した。

レガシィ アウトバックは、『レガシィ ツーリングワゴン』をベースに、車高を引き上げ、悪路走破性を高めたモデル。2014年モデルでは、外装のSUVテイストが、いっそう強調されている。

オーストラリア向けの2014年モデルでは、前後バンパーにアンダーガードプロテクターを採用。樹脂製のホイールアーチガードやサイドシル、クラッディングパネルも装備された。

さらに、前輪にはマッドフラップを追加。クロスバーと一体のルーフレールも2014年モデルの特徴だ。フロントグリルやアルミホイールは、ダークグレー仕上げとなり、ヘッドライトは内部をブラックアウトする。

スバルオーストラリアのNick Seniorマネージングディレクターは、2014年モデルの変更内容について、「多くの顧客から、オフロードでボディを保護しつつ、同時にタフなルックスを求める声が寄せられたため」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集