【フランクフルトモーターショー13】歴代最強のゴルフR、最大出力300psでクラストップに君臨[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

新型 ゴルフ R(フランクフルトモーターショー13)
  • 新型 ゴルフ R(フランクフルトモーターショー13)
  • 新型 ゴルフ R(フランクフルトモーターショー13)
  • 新型 ゴルフ R(フランクフルトモーターショー13)
  • 新型 ゴルフ R(フランクフルトモーターショー13)
  • 新型 ゴルフ R(フランクフルトモーターショー13)
  • 新型 ゴルフ R(フランクフルトモーターショー13)
  • 新型 ゴルフ R(フランクフルトモーターショー13)
  • 新型 ゴルフ R(フランクフルトモーターショー13)
フォルクスワーゲンは新型『ゴルフR』を初公開した。

同車は、新型『ゴルフ』シリーズの頂点に立つ最強モデル。新世代の「EA888」型 直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。最大出力300ps/5500-6200rpm、最大トルク38.7kgm/1800-5500rpmを獲得する。

トランスミッションは、6速MTまたは6速DSG。駆動方式は、最新世代の「4モーション」。新型ゴルフRは6速DSGとの組み合わせで、0-100km/h加速4.9秒、最高速250km/h(リミッター作動)の高性能を発揮する。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集