【フランクフルトモーターショー13】ポルシェのPHVスーパーカー、918スパイダー…量産モデル初公開

自動車 ニューモデル 新型車

ポルシェ 918スパイダー の量産モデル
  • ポルシェ 918スパイダー の量産モデル
  • ポルシェ 918スパイダー の量産モデル
  • ポルシェ 918スパイダー の量産モデル
  • ポルシェ 918スパイダー の量産モデル
  • ポルシェ 918スパイダー の量産モデル
  • ポルシェ 918スパイダー の量産モデル
  • ポルシェ 918スパイダー の量産モデル
  • ポルシェ 918スパイダー の量産モデル
ドイツの高級スポーツカーメーカー、ポルシェは9月9日夜(日本時間9月10日未明)、ドイツで開催されたフランクフルトモーターショー13のプレビューイベント、「フォルクスワーゲングループナイト」において、『918スパイダー』の量産モデルを初公開した。

918スパイダーは2010年、コンセプトカーとして発表。ポルシェはその後、市販に向けた研究開発を進めてきた。そして今回、コンセプトカーの発表から3年を経て、量産モデルがベールを脱いだ。

918スパイダーは、プラグインハイブリッド(PHV)システムを搭載したスーパーカー。レーシングカーの『RSスパイダー』譲りのV型8気筒ガソリンエンジンは、排気量が4.6リットル。最大出力は608ps/8700rpmを発生する。ポルシェによると、リッター当たりの出力は約132psで、ポルシェの自然吸気エンジンとしては最高。

918スパイダーは、このV8エンジンに2個のモーターを組み合わせたPHVシステムを搭載。それぞれのモーターの最大出力は、フロントが130ps、リアが156ps。エンジンとモーターを合わせたトータル出力は、887psとなる。トランスミッションは7速PDK。

二次電池は、蓄電容量6.8kWhのリチウムイオンバッテリー。918スパイダーは、「Eパワー」と呼ばれるEVモードを備え、最大約30kmをゼロエミッション走行できる。EVモード時の0-100km/h加速は7秒以下、最高速は150km/h。また、軽量なCFRP(カーボンファイバー強化樹脂)採用により、車両重量は約1634kgに抑えられる。EVモードの効果で、欧州複合モード燃費は33.3km/リットル。オプションの急速チャージャーを使えば、充電時間はおよそ25分。

ハイブリッドの走行モードは、「ハイブリッド」、「スポーツハイブリッド」、「レースハイブリッド」の3種類。レースハイブリッドモードでは、0-100km/h加速2.8秒、最高速345km/hのパフォーマンスを実現する。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集