【フランクフルトモーターショー13】BMW「i」のPHVスポーツ、i8…最終プロトタイプの画像公開

自動車 ニューモデル モーターショー
BMW i8の最終プロトタイプ車
  • BMW i8の最終プロトタイプ車
  • BMW i8の最終プロトタイプ車
  • BMW i8の最終プロトタイプ車
  • BMW i8の最終プロトタイプ車
  • BMW i8の最終プロトタイプ車
  • BMW i8の最終プロトタイプ車
  • BMW i8の最終プロトタイプ車
  • BMW i8の最終プロトタイプ車
ドイツの高級車メーカー、BMWグループが9月、ドイツで開催されるフランクフルトモーターショー13でワールドプレミアする新型車、『i8』の市販モデル。同車の最終プロトタイプ車の画像が公開された。

これは8月7日、BMWグループが明らかにしたもの。i8は、BMWグループが電動化技術に特化して立ち上げた新ブランド、「i」の2番目の市販車。EVおよびプラグインハイブリッド車(PHV)の『i3』に続くモデルで、PHVのスポーツカーだ。このi8の最終プロトタイプ車の画像が公表されている。

BMWグループは同時に、i8の市販モデルの詳細なスペックを発表。前輪をモーター、後輪をエンジンで駆動するPHVシステムは、リアにレイアウトされるエンジンが、1.5リットル直列3気筒ガソリンターボ。最大出力はコンセプトカーの223psから、231psへ引き上げられた。

フロントに置かれるモーターは、最大出力131psとコンセプトカーから変わらず。モーターとエンジンを合わせたスペックは、最大出力362ps、最大トルク58.1kgmと強力だ。0-100km/h加速は4.5秒、最高速は250km/h(リミッター作動)の実力。二次電池は、リチウムイオンバッテリーで、モーター単独で最大35km、最高速120km/hでEV走行できる。燃料満タン&フル充電での最大航続可能距離は、500km以上。

また、BMWグループは、i8の市販モデルの環境性能も公表。EVモードの効果もあり、欧州複合モード燃費は40km/リットル、CO2排出量は59g/kmと、優れた環境性能を実現している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集