【ルノー ルーテシア 新型発表】ECOモード、最大12%燃費消費に貢献[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車

ルノー ルーテシア 内装
  • ルノー ルーテシア 内装
  • ルノー ルーテシア 内装
  • ルノー ルーテシア 内装
  • ルノー ルーテシア 内装
  • ルノー ルーテシア 内装
  • ルノー ルーテシア 内装
  • ルノー ルーテシア 内装
  • ルノー ルーテシア 内装
4世代目になったルノーの新型『ルーテシア』。初代モデルが1991年に登場して以来、ルノーが1200万台以上販売した車である。

インテリアには、ECOモードスイッチが設けられた。ECOモードを作動すると、エンジントルクやアクセル操作の制御により燃料消費を最大で12%抑えることが可能になる。さらに、フロントドアのスピーカーには、「BASS REFLEX システム」が全モデルに装備される。

新型ルーテシアは、7色のボディカラーと内装カラー、ホイールカラーを組み合わせた「パック・クルール」や、内装パーツセットの「パック・デザイン」が設定された。
《太宰吉崇》

編集部おすすめのニュース

特集