【ルマン24時間 2013】13時間経過…トラブル続きもアウディ首位堅持

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ルマン24時間 2013
  • ルマン24時間 2013
  • ルマン24時間 2013
  • ルマン24時間 2013
  • ルマン24時間 2013
  • ルマン24時間 2013
ルマン24時間耐久レースはスタートから12時間を過ぎ、折り返し地点を迎えた。12時間40分経過時点での首位はアウディ『R18 e-tronクワトロ』2号車(マクニッシュ)。

これを追うのは『TS030ハイブリッド』を擁するトヨタ勢だ。2位に8号車(デビッドソン)、3位に7号車(ラピエール)。4位にはアウディの3号車(ジャーヴィス)。アウディの1号車はナイトレース突入後、トラブルのため緊急ピットインし、修理のため43分を費やす痛いロス。総合8位に沈んでしまう。

4位につける3号車もヘッドライトのトラブルでフロントカウルの交換となったが、直後に再スタートにこぎ着けた。

ピットストップはロングランに不利なアウディ勢がやはり多く、トップの2号車はすでに17回。トヨタ勢は15回(8号車)・14回(7号車)と2~3回は少ない。残り11時間でおそらく2回は少ないため、トラブルさえなければ終盤にトヨタが逆転できる可能性は高まりそうだ。

11時間半を経過してクラッシュのため7度目のセーフティーカーが入る。バリアが破損し、この修復のために40分程度かかる見込み。リスタート直後は冷えたタイヤと変化の激しい路面状況で、スピンやオーバーランが頻発する可能性もある。
《北島友和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集