レクサス IS300h Fスポーツ、ハイブリッドモデルは最高出力220ps[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車

レクサス IS300h Fスポーツ
  • レクサス IS300h Fスポーツ
  • レクサス IS300h Fスポーツ
  • レクサス IS300h Fスポーツ
  • レクサス IS300h Fスポーツ
  • レクサス IS300h Fスポーツ
  • レクサス IS300h Fスポーツ
  • レクサス IS300h Fスポーツ
  • レクサス IS300h Fスポーツ
レクサスは、フルモデルチェンジした『IS』を5月16日より発売開始した。新たにハイブリッドモデル『IS300h』が設定された。

スポーティバージョンの『Fスポーツ』には専用シートや、『LFA』の意匠・機構を受け継ぐ可動式メーターなど採用している。

IS300hには、2.5リットル直列4気筒エンジンと高トルクモーターを組み合わせ、搭載されている。エンジンは、最高出力178ps/6000rpmと最大トルク22.5kgm/4200~4800rpmを発生。モーターの最高出力は143psで最大トルクは30.6kgm。システムトータルは、最高出力220psになっている。JC08モード走行燃費は23.2km/リットルを達成した。

新型モデルのボディサイズは、全長4665mmと全高1430mmでホイールベースが2800mmだ。ホイールベースは70mm拡大され全長は先代モデルに比べプラス80mm。
《太宰吉崇》

編集部おすすめのニュース

特集