【パイクスピーク13】プジョー 208 T16 、パイクスピークで初テスト…ローブ選手「自信が持てる」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

プジョーが6月末、米国コロラド州で開催されるパイクスピーク国際ヒルクライムに実戦投入する『208 T16 パイクスピーク』。同車が米国に輸送され、パイクスピークの舞台で初テストを実施した。

これは6月13日、プジョーが明らかにしたもの。208 T16 パイクスピークが、パイクスピーク国際ヒルクライムの会場に到着。さっそく本番に向けて、走行テストを行っている。

208 T16 パイクスピークは、プジョー『208』をベースに、プジョースポールがパイクスピーク用に開発したレース専用マシン。プジョーは2013年の同レースの最高峰、改造無制限クラスに、この208 T16パイクスピークで参戦する。

エンジンは、3.2リットルV型6気筒ガソリンツインターボで、最大出力は875ps、最大トルクは90kgm。トランスミッションはパドルシフトの6速シーケンシャル。車両重量は875kgに抑えられ、0-100km/h加速1.8秒、最高速240km/hの性能。ドライバーは、WRC(世界ラリー選手権)の王者、セバスチャン・ローブ選手を起用した。

パイクスピークでの初テストを終えたセバスチャン・ローブ選手は、「このマシンには、とても自信が持てる。ビックデイ(レース当日)に向けた準備は整いつつある」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集