トヨタ、北米向け カローラ 新型を発表…若々しく変身

自動車 ニューモデル 新型車

北米向け新型トヨタ カローラ
  • 北米向け新型トヨタ カローラ
  • 北米向け新型トヨタ カローラ
  • 北米向け新型トヨタ カローラ
  • 北米向け新型トヨタ カローラ
  • 北米向け新型トヨタ カローラ
  • 北米向け新型トヨタ カローラ
  • 北米向け新型トヨタ カローラ
  • 北米向け新型トヨタ カローラ
トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は6月6日(日本時間6月7日)、米国カリフォルニア州において、北米向け新型『カローラ』(日本仕様とは異なる北米専用車)を初公開した。

新型カローラは、北米では11世代目。トヨタは2013年1月、デトロイトモーターショー13にコンセプトカーの『カローラ フーリア』(Furia)を出品。同車のデザインモチーフが、新型に反映されている。

新型のデザインコンセプトは、「アイコニック・ダイナミズム」。若い顧客へのアピールを強化するために、エキサイティングかつインパクトの強いデザインを採用する。具体的には、ロングホイールベース&ショートオーバーハング化。ホイールアーチはワイド化され、ボディパネルは彫刻的な面で構成。ルーフは滑らかな弧を描き、ショートデッキのトランクへとつながる。

新型のボディサイズは全長4639×全幅1776×全高1455mm、ホイーベース2700mm。先代比で、99mm長く、16mmワイド、10mm背が低い。ホイールベースは100mm伸ばされた。

100mm伸びたホイールベースにより、新型は室内の居住性を向上。とくに後席の空間のゆとりは、先代比で75mm増えた。ダッシュボードは水平基調のデザイン。ピアノブラックパネルにメタリックのアクセントを添えて、プレミアム感を表現している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集