プジョー 208 T16パイクスピーク、実戦投入にスタンバイ完了[動画]

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

プジョー 208 T16パイクスピークのテスト映像
  • プジョー 208 T16パイクスピークのテスト映像
フランスの自動車大手、プジョーが6月末、米国コロラド州で開催されるパイクスピーク国際ヒルクライムに実戦投入する『208 T16 パイクスピーク』。同車の欧州での最終テストの映像が、ネット上で公開されている。

この映像は5月28日、プジョーが公式サイトを通じて配信したもの。208 T16 パイクスピークが、フランス南部のモン・ヴァントゥにおいて、欧州での最終テストを行う様子を紹介している。

208 T16 パイクスピークは、プジョー『208』をベースに、プジョースポールがパイクスピーク用に開発したレース専用車。プジョーは2013年の同レースの最高峰、改造無制限クラスに、この208 T16パイクスピークでエントリー。

エンジンは、3.2リットルV型6気筒ガソリンツインターボ。最大出力は875ps、最大トルクは90kgmをhき出す。トランスミッションはパドルシフトの6速シーケンシャル。車両重量は875kgに抑えられ、0-100km/h加速1.8秒、最高速240km/hの性能を備える。ドライバーは、WRC(世界ラリー選手権)の王者、セバスチャン・ローブ選手。

今回、プジョーが最終テストの場に選んだフランス南部のモン・ヴァントゥは、自転車ロードレースの「ツールドフランス」の舞台として知られる。プジョーにとっては、パイクスピークと似た環境でテストを行える最後の機会。6月末の実戦デビューに向けて、スタンバイ完了の208 T16 パイクスピークの映像は、動画共有サイト経由で見ることができる。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集