【BMW X3 xDrive 20d 試乗】SUVらしさを引き立てるディーゼルの走り…島崎七生人

試乗記 輸入車
【BMW X3 xDrive 20d 試乗】SUVらしさを引き立てるディーゼルの走り…島崎七生人
  • 【BMW X3 xDrive 20d 試乗】SUVらしさを引き立てるディーゼルの走り…島崎七生人
  • 【BMW X3 xDrive 20d 試乗】SUVらしさを引き立てるディーゼルの走り…島崎七生人
  • 【BMW X3 xDrive 20d 試乗】SUVらしさを引き立てるディーゼルの走り…島崎七生人
  • 【BMW X3 xDrive 20d 試乗】SUVらしさを引き立てるディーゼルの走り…島崎七生人
  • 【BMW X3 xDrive 20d 試乗】SUVらしさを引き立てるディーゼルの走り…島崎七生人
  • 【BMW X3 xDrive 20d 試乗】SUVらしさを引き立てるディーゼルの走り…島崎七生人
  • 【BMW X3 xDrive 20d 試乗】SUVらしさを引き立てるディーゼルの走り…島崎七生人
  • 【BMW X3 xDrive 20d 試乗】SUVらしさを引き立てるディーゼルの走り…島崎七生人
型式N47D20C型、2リットル直列4気筒DOHCツインパワー・ターボ・ディーゼル。『3シリーズ』などにも搭載されるこのエンジンは、日本のポスト新長期規制にも適合する。

そしてこのディーゼルエンジン、SUVの『X3』にもピッタリなユニットだ。単純に車重を比較すると、同エンジン搭載の3シリーズ・ツーリングに対し+220kg。このため『X3』では、アクセルをジワリと踏み込むと、アイドリング回転直後の立ち上がりに一瞬のためらいを実感することがある。が、そこから先は2000rpmも回していればすでに悠々と逞しいトルクを発揮してくれ、さらに加速してもまったくストレスフリー。高速走行時の加・減速のレスポンスも問題なしだ。

フロントドアを開けるとフェンダーとエンジンルームの境目のすき間にシール材が仕込まれていたりと、騒音対策も実施されている。マツダの最新ディーゼルよりノイズ、振動の伝わり方は幾分か大きめだが、クルージング時はロードノイズ等にマスキングされ、気にならない……というより十分に快適。家族を乗せてのロングツーリングなど『X3』らしい使用シーンで十分に魅力を発揮することだろう。1名乗車より荷重がかかった状態のほうがより乗り味がしなやかなのもSUVらしい。 

傾斜が強過ぎないフロントスクリーンと不自然に立たせすぎていないサイドウインド、過剰ではないボディサイドのプレスライン、ちゃんと赤いテールランプなど、素直でホッとする佇まいも魅力だ。フードが見え、視界が不自然に遮られないボディ形状だから、1900mmに達する全幅も、試乗中、実際には苦にならなかった。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

  • BMW X1 xDrive20i xLine…アクティブな人に用意されたデザインライン[写真蔵] 画像 BMW X1 xDrive20i xLine…アクティブな人に用意されたデザインライン[写真蔵]
  • 【ボルボ V40 T5 Rデザイン 試乗】パワフルさと専用のインテリアが持ち味…島崎七生人 画像 【ボルボ V40 T5 Rデザイン 試乗】パワフルさと専用のインテリアが持ち味…島崎七生人
  • BMW X1、4WDモデルに車速感応式パワステを標準装備 画像 BMW X1、4WDモデルに車速感応式パワステを標準装備
  • BMW 3シリーズ ツーリング に右ハンドルの4駆モデルなどを追加 画像 BMW 3シリーズ ツーリング に右ハンドルの4駆モデルなどを追加

特集