【WEC 開幕戦】トヨタ、3位表彰台を獲得

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
WEC 開幕戦 シルバーストーン6時間レース
  • WEC 開幕戦 シルバーストーン6時間レース
  • WEC 開幕戦 シルバーストーン6時間レース
  • WEC 開幕戦 シルバーストーン6時間レース
  • WEC 開幕戦 シルバーストーン6時間レース
  • WEC 開幕戦 シルバーストーン6時間レース
トヨタ・レーシングは2013年FIA世界耐久選手権(WEC)開幕戦シルバーストーン6時間レースで3位に入賞した。

トヨタ・レーシングはシルバーストーンに2012年型『TS030ハイブリッド』を持ち込み、アンソニー・デビッドソン、ステファン・サラザン、セバスチャン・ブエミが乗る#8が3位に入賞。トヨタ・レーシングにとっては、2012年のデビュー以来、7戦で5度目の表彰台獲得を果たした。

アレックス・ブルツ、ニコラス・ラピエール組の#7はポールポジションからスタートしたが4位でレースを終えた。

土曜日に不順な天候のもとで行われた予選でポールポジションと2番手となった、 2台のTS030ハイブリッドはグリッド最前列からスタート、ブルツとデビッドソンが序盤数周をリード。しかし、トヨタが選択したミシュランタイヤのコンパウンドが路面温度に適さず、間もなく2台のアウディにポジションを奪われ、#8 デビッドソンが3位、#7 ブルツが4位へと後退した。

レースの3分の1を過ぎ、#7はブルツからラピエールに、#8はデビッドソンからサラザンに交替。その直後から雨が降り始め、ラピエールはすぐにインターミディエイトタイヤに変更した。しかし、雨はすぐに上がり、ラピエールは再びスリックタイヤに交換しなければならなかった。

レースの半分を消化した頃に、#8のサラザンがブエミにステアリングを渡し、その30分後に#7はラピエールからブルツに交替、ブルツは残りのレースを一人で走り切った。

#8 ブエミはレースが残り1時間ほどになった時に最後のドライバー交替を行い、代わったデビッドソンが力強い走りで走行を続け、3位でチェッカーフラッグを受けた。ブルツの#7は4位でフィニッシュした。

FIA WEC第2戦は、5月4日にスパ・フランコルシャン 6時間レースがベルギーで開催される。

■WEC 開幕戦 シルバーストーン6時間レース
1位:トム・クリステンセン/ロイック・デュバル/アラン・マクニッシュ(アウディ)
2位:アンドレ・ロッテラー/ベノイト・トゥエルヤー/マルセル・ファスラー(アウディ)
3位:アンソニー・デビッドソン/,セバスチャン・ブエミ/ステファン・サラザン(トヨタ)
4位:アレックス・ブルツ/ニコラス・ラピエール(トヨタ)
5位:ニコラス・プロスト/ニール・ジャニ/ニック・ハイドフェルド(トヨタ)
6位:アンドレア・ベリッチ/マティアス・ベッシュ/コン・フ・チェン(トヨタ)
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集