トヨタ、クラウンのHV受注比率が75%に上昇

エコカー ハイブリッド

トヨタ自動車 山本卓ZSチーフエンジニアとクラウンアスリート
  • トヨタ自動車 山本卓ZSチーフエンジニアとクラウンアスリート
  • トヨタ自動車 山本卓ZSチーフエンジニア
  • トヨタ・クラウン ハイブリッド
  • トヨタ クラウン
  • トヨタ・クラウン ハイブリッド
  • トヨタ・クラウン ハイブリッド
  • トヨタ・クラウン ハイブリッド
  • トヨタ クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーンG
トヨタ自動車が2012年12月に発売した新型『クラウン』のハイブリッド車(HV)受注比率が2月以降75%水準と、計画を大幅に上回る水準となっている。開発責任者の山本卓ZSチーフエンジニアは「初年度は7割程度に高止まりしそう」と見ている。

クラウンは今回の全面改良で、HVのエンジンを従来の3.5リットルから2.5リットルに変更し、燃費性能を高めるとともに価格も求めやすい設定とした。クラウンシリーズの受注は1月末までの1か月で2万5000台と、月間販売計画の4000台を大きく上回るスタートとなった。このうち、HVは66%に相当する1万6500台だった。

しかし、全国の販売店への配車が本格化した2月以降は「実際に試乗されたお客様がHVを選択されるケースが増えている」(山本氏)ことから、HV比率は75%水準に高まったという。トヨタはモデルサイクルでのHV比率を6割程度と想定しているが、足元では大きく上回っている。山本氏は「ガソリン価格の上昇や、エコカー補助金制度での免税によるガソリン車との価格差縮小がHV人気につながっている」と分析、当面は7割を上回るレベルでの推移を見込んでいる。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集