【THS開発者へ15の質問】増えるハイブリッド、ガソリンエンジンの今後は?

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

トヨタ自動車のハイブリッド車『プリウス』が12月10日で発売から15周年を迎えた。同日開催された「永遠の記憶に残るトヨタハイブリッド15周年ミーティング」では、「トヨタハイブリッド開発者への15の質問」と題した質疑応答が行われた。

参加者による15の質問に回答したのは、トヨタ自動車製品企画本部小木曽聡常務理事、同豊島浩二チーフエンジニア、同岡部慎主査、同田中義和主査ら4名の開発陣。


◆ガソリンエンジンの行方は?

毛利幸和さん:名古屋から来ました毛利です。2代目『プリウス』に乗って6年が経ち、走行距離は17万キロを超えました。そろそろ買い換えを考えています。トヨタはハイブリッド車のラインアップが増えているので、どのハイブリッドにしようかと悩むのも楽しかったりしますが、今後ガソリンエンジンの方はどうなっていくのでしょうか。

◆ガソリンエンジンは今後も重要な存在

小木曽:トヨタの国内販売台数のうち、ハイブリッド車が4割を占めるまでになったといっても、半分はガソリンエンジンです。ガソリンエンジンは依然として重要な存在であり、開発、改良にも取り組んでいます。

ハイブリッドとコンベンショナルなエンジン、両方進化していくわけですが、差別化はしていきます。ハイブリッドは価格が少し高くて、燃費がいい。コンベンショナルなエンジンの方は、ハイブリッドほどの燃費ではないが、価格が安い。それは今後も変わらないと思います。それぞれの長所を活かして、お客様のライフスタイルや好みによって選択してもらう。その意味でもガソリンエンジンの開発は欠かせません。
《村尾純司@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集