【デトロイトモーターショー13】ホンダ、アーバンSUVコンセプト発表…フィットベースの小型SUV

自動車 ニューモデル モーターショー

ホンダ アーバンSUVコンセプト(デトロイトモーターショー13)
  • ホンダ アーバンSUVコンセプト(デトロイトモーターショー13)
  • ホンダ伊東孝紳社長
  • ホンダ アーバンSUVコンセプト
  • ホンダ アーバンSUVコンセプト
  • ホンダ アーバンSUVコンセプト
  • ホンダ アーバンSUVコンセプト
  • ホンダ アーバンSUVコンセプト
  • ホンダ アーバンSUVコンセプト
ホンダは1月14日(日本時間1月15日深夜)、米国で開幕したデトロイトモーターショー13において、『アーバンSUVコンセプト』を初公開した。

同車は、ホンダが近い将来発売する小型SUVを示唆したコンセプトカー。『フィット』の車台やメカニズムを利用した小型SUVとして、世界市場へ投入される。

デザインは、ダイナミックかつ若々しい雰囲気を重視したもの。ボディサイズは全長4300mmに抑えられ、『CR-V』よりも約230mmコンパクトな設計とした。リアドアの開閉ノブは、ピラー付近に隠されるように配置されており、クーペのようなルックスを追求した。

室内は、フィットのセンタータンクレイアウトを生かし、広く機能的な空間を実現。ホンダによると、「マジックシート」を採用し、シートアレンジや荷物スペースの拡大が簡単に行えるという。

パワートレインの詳細は、現時点では公表されていない。ただし米国仕様では、ホンダの新世代環境技術、「アースドリーム」テクノロジーを導入。燃費性能を高めるとともに、『CR-V』を下回る価格で発売される。

アーバンSUVコンセプトの市販版は2014年、メキシコで稼働する新工場において、フィットとともに生産される予定。ホンダは2016年末までに、グローバルコンパクトカーの生産台数を、現在の2倍の年間150万台以上へ拡大する計画。アーバンSUVコンセプトの市販版は、この計画の達成に向けた重要モデルとなる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集