【まとめ】ホンダ N-ONE…真のプレミアムK、実現なるか

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ N-ONE 発表会
  • ホンダ N-ONE 発表会
  • ホンダ N-ONE
  • ホンダ N-ONE
  • ホンダ・N-ONE
  • ホンダ・N-ONE
  • ホンダ N-ONE
  • ホンダ N-ONE
  • ホンダ N-ONE
『N BOX』から始まったホンダの軽自動車攻勢、第3弾はセダンタイプの『N-ONE』だ。そのスタイリングは言うまでもなく『N360』をモチーフにしているが、デザインスタディは2009年の東京モーターショーにおいて、電気自動車のコンセプトカー『EV-N』として出展されていたものだ。

デザインはボンネットを持つオーソドックスな2BOX軽自動車にも見えるが、全高は1610mmと、ダイハツ『ムーヴ』(1620mm)やスズキ『ワゴンR』(1640mm)とほとんど変わらないのは、高めのベルトラインや低く長く見えるボンネットなど、デザインの妙か。

プラットフォームはN BOXおよびその派生車『N BOX+』と共用。センタータンクレイアウトを採用し、N BOXシリーズや『フィット』と同様に後部座席が跳ね上がり高さのある物の積載も容易。

パワートレーンは、自然吸気(NA)タイプは43kW(58PS)/7300rpm・65Nm(6.6kgm)/3500rpmを発揮する高出力・高トルクの直列3気筒DOHCエンジン。最適チューニングを施したCVTの組み合わせにより、なめらかで力強い走りと、27.0km/リットル(JC08モード)の優れた燃費性能を両立した。またターボエンジンは47kW(64PS)/ 6000rpm・104Nm(10.6kgm)/2600rpmというスペックを発揮、燃費は23.2km/リットル。

グレード展開はベーシックな「G」、ターボ搭載の「ツアラー」、上質感を際立たせた「プレミアム」の3本立て。もっともベーシックなNA・FFのGでも、上位グレードと装備や外見に大きな差を付けず115万円のプライスタグを下げる。とくにプレミアムでは136万円から170万7750円と、フィットに相当する本体価格となるが、発売後1カ月で2万5000台を受注するなど、出だしは快調。再三にわたって提案されてきた「プレミアムKカー」のコンセプトが、N−ONEで本当に根付くのか、年度末の商戦にも注目だ。

◆2009年東京モータショーに登場したEV-N
ホンダ EV-N[詳細画像]
ホンダのEVはこう…EV-N
ホンダ EV-N…なぜ今「N」なのか?

◆2012年11月1日という「1続き」の日に発表
N360 をモチーフとした新型軽乗用車
往年の名車をモチーフに[写真蔵]
開発責任者浅木氏、ターボでなくツアラーと呼ぶのは…
峯川常務「特定の競合車種を想定していない」

◆原寸大ペーパークラフトが話題に…ただし難易度高し
原寸大ペーパークラフトができるまで[動画]
組み立ては「相当困難」…原寸大ペーパークラフト[写真蔵]

◆加速するホンダのスモールカー戦略
峯川常務「Nシリーズは今年度29万台」
峯川常務「やがて軽とスモールが7割占める」
ホンダ松本常務、軽やコンパクトカーに「最大注力をしていきたい」

◆販売好調、価格面はハンデにならず
【見積もりとってみた】ホンダ N ONE、ベースグレードは146万円
【ホンダ N-ONE 発売】発売2週間足らずで1万5000台を受注
ホンダ N-ONE、発売1か月で2万5000台を受注

◆ジャーナリストの評価は
真打ちはツアラー性能極まるターボモデル…青山尚暉
軽の制限を物ともせず、はつらつスタイル…島崎七生人
【池原照雄の単眼複眼】ホンダの本気で軽が面白くなる
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • [PR]

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集