【ダイハツ ムーヴ 改良新型】ワゴンRを上回る29.0km/リットルの低燃費

自動車 ニューモデル 新型車

ダイハツ・ムーヴ
  • ダイハツ・ムーヴ
  • ダイハツ・ムーヴ
  • ダイハツ・ムーヴ
  • ダイハツ・ムーヴ
  • ダイハツ・ムーヴ
  • ダイハツ・ムーヴ
  • ダイハツ・ムーヴ
  • ダイハツ・ムーヴ
ダイハツ工業は、軽乗用車『ムーヴ』をマイナーチェンジし、12月20日から販売を開始した。今回は、マイナーチェンジとしては異例の大幅な改良を施し、燃費性能に加え、基本性能、安全性能、デザインなどの各機能を大幅に進化させた。

新型車は、昨年発売した『ミライース』に採用した低燃費技術をさらに進化させた「e:Sテクノロジー第2弾」を搭載。軽自動車初採用となるCVTサーモコントローラーで、エンジンとCVTの温度を相互に最適化。燃焼効率、動力伝達効率を高めた。また、新「エコアイドル」もさらに進化し、ブレーキをかけ、車速が9km/h以下になるとエンジンが停止するようになり、燃費を27.0km/リットルから29.0km/リットルに改善。新型『ワゴンR』を0.2km/リットル上回る、クラストップの低燃費を実現した。

また、低速域衝突回避支援ブレーキ機能や誤発進抑制制御機能など、軽自動車初となる衝突回避支援システムを採用するなど、安全性も高めている。

価格は107万円から159万1000円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集