ポルシェ 911 新型にGT3 カップ、全ては勝利のために[動画]

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

新型ポルシェ 911 GT3 カップ
  • 新型ポルシェ 911 GT3 カップ
ポルシェが12月8日、ドイツで発表した新型『911 GT3カップ』。12月11日、同車の最新公式映像がネット上で公開された。

同車は、7世代目となる新型『911』(「991型」)をベースに開発された初のレーシングカー。まずは2013年シーズンに開催されるワンメークレース、「ポルシェモービル1スーパーカップ」に実戦投入される。

新型911 GT3カップは、モータースポーツの舞台で定評ある戦闘能力の高さを、さらに向上。3.8リットル水平対向6気筒ガソリンエンジンは、最大出力460ps/7500rpmを発生。先代よりも最大出力は10ps引き上げられた。トランスミッションは、新開発のパドルシフト付き6速シーケンシャル。車両重量は1175kgに抑えられた。エアロダイナミクス性能もアップ。

レース用のブレーキシステムも、さらなる耐久性向上を目指して新開発。フロントのローター径は380mmで、キャリパーは6ピストン。リアには、4ピストンのキャリパーを装備する。タイヤはミシュラン製のレーシングスリックで、トレッドを先代よりも拡大。

安全性も先代よりも引き上げており、室内には新設計のセーフティケージやバケットシートを採用。ルーフには、万一の事故時に、ドライバーの救出を容易にするレスキューハッチが装備された。

ポルシェの本拠地、ドイツ・バイザッハ近くのフラハト・テストコースを疾走する新型911 GT3カップ。モータースポーツでの勝利のために盛り込まれた数々の特徴装備を紹介した映像は、動画共有サイト経由で見ることができる。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集