スバル XV 2.0i-L EyeSight…都会生活に適したスペック[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車

スバル XV 2.0i-L EyeSight
  • スバル XV 2.0i-L EyeSight
  • スバル XV 2.0i-L EyeSight
  • スバル XV 2.0i-L EyeSight
  • スバル XV 2.0i-L EyeSight
  • スバル XV 2.0i-L EyeSight
  • スバル XV 2.0i-L EyeSight
  • スバル XV 2.0i-L EyeSight
  • スバル XV 2.0i-L EyeSight
今年9月にデビューした新型スバル『インプレッサ XV』。発表後約1か月間で月販目標1000台の4倍を超える4277台を獲得している。

ボディサイズは、全長4450x全幅1780x全高1550mmで地上高はインプレッサよりプラス55mmの200mmだ。最低地上高200mmと全高1550mmというのは、タワーパーキングにも対応出来るスペックだ。

日本で発売されるモデルは全車、2.0リットル水平対向4気筒DOHCとリニアトロニックCVTを組み合わせた仕様となりカタログ燃費(JC08モード)は15.8km/リットルだ。
《太宰吉崇》

編集部おすすめのニュース

特集